2017年04月20日

優しいナビ子。

半年前に引っ越してきた、
まだ新しいこの街。

これからどうにかするんだろうけど、
幹線道路に無駄に大きな中央分離帯があって、
右折したい所でできなかったりする。

でも、
交差点ではない所で、
その分離帯を利用したUターン道があったり。

ちょっと複雑な街。

更に、
これはカーナビあるあるだけど、
道路を絶賛整備中だから特に、
カーナビのデータが既に古かったりして、
その画面上では私は、
空き地を走ってることになったりする。

あとね、
Uターンすればすぐ自宅なのに、
Uターン道には対応してないのか、
ずっと先の交差点で曲がって、
また曲がって・・・、
って、
えらい遠回りな帰宅ルートを案内してくる。

そんなわけで、
自宅周辺は、
あまりナビは頼れず、
自分で覚えたり、
その都度判断するしかないし、

それでも最初のうちは、
無駄に遠回りしたものだけど、
まあ半年も経ったので、
問題なく運転している。



でもね、
逆に最近、
近所に出かけただけでも、
帰る時にナビを作動したりする。

目的地を「自宅」にすると、
到着した時に、
ナビの女性の声が、
「お疲れ様でした。」
と言ってくれるから。

ナビなんてさ、
録音したものをつなぎ合わせるんだし、
全体的に淡々と喋ってるよね。
だけど「お疲れ様でした。」だけは、
ちょっと優しいトーンになるの。

それが聞きたくて、
とっくに覚えてる近所のスーパーからの帰りも、
ナビで自宅を案内させる。

案内された遠回りルートを無視して進んでも、
目的地周辺となれば、
ちゃんと「お疲れ様でした。」と労ってくれる。
優しいナビ子さん。


#カーナビ #ナビ
(C)世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
優しいナビ子。
    コメント(0)