2017年02月03日

映画「ツナグ」の怖さ

今夜、
金曜ロードショーで「ツナグ」が放送されますね。

この映画は、
とても印象深いお話でした。

死んだ人と1度だけ逢える、
感動の物語です。

でも私、
感動はしたけど、
主軸のストーリーをあまり覚えていない・・・。

何故なら、
個人的にはもっと強烈なシーンがあったから。


事故で亡くなった女子高生と、
その親友だった女子高生。
2人は1度だけ再会する。

親友は故人に謝りたい事があったけど、
あまりに大きい罪ゆえに、
勇気がなくてなかなか口にできなかった。
故人は笑顔で再会を喜んでみせ、
親友の罪など知らないように思えた。
故人を怒らせて別れるのも辛いし、
言わずに済まそうという逃げもあったかもしれない。

そんな2人の関係性や、
親友の気持ちを描いたシーン、
そしてその結末が衝撃的で、
酷く印象に残ったのです。



死んだ人と1度だけ逢える、
要は幽霊なわけだけど。
だから怖いんじゃない。
幽霊を怒らせると怖いとかでもない。

とりかえしのつかない罪、
強い罪悪感、
どうする事もできない後悔。

私には、
それがいちばん怖い。

だから、
この映画のそのシーンが、
強烈に焼き付いたのだと思う。

あ、
でも、
全体的には、
感動的な良い映画だった筈です。

観てない方は、
今夜ぜひ。


#ツナグ
(C)世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
映画「ツナグ」の怖さ
    コメント(0)