2018年06月11日

カンテ★カンランシャ★カレー

昨日は、
桐生市の音楽会で、
ギタークラブの皆さんと一緒に、
フラメンコを披露してきました。



ゲストにバイレ(踊り手)も招き。



・・・というか、
お客さんの目当ては、
踊りなんだけどね(笑)。
まあしょうがない。

というか、
ギタークラブとして参加してるので、
私もゲスト参加なんだけど。

まあ、
そんな事情はともかく。

ここ数年、
春と秋と音楽会に参加させてもらって、
小さいけどちょうどいいホールで歌って、
皆さんにも喜んでいただけて、
幸せなことでございます。

終わった後は、
ギタリストさん達と打ち上げ。
飲み会ではない。
みんなマイカーだからね。

桐生市中央公民館の近くに、
観覧車という喫茶店があって、
そこの牛すじ煮込みカレーが美味しい!!



次回の曲の相談もして、
また頑張らなきゃって思う。



#フラメンコ #フラメンコギター #カンテフラメンコ #フラメンコライブ #カンテ #カレー #牛すじカレー #牛すじ煮込みカレー
(C)世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない
  

2018年05月31日

なんたって炒飯がお薦め!

高崎に帰って、
また社宅の街に戻る時、
関越道の三芳PAに、
よく寄ります。

パサール三芳、
ショッピングモールみたいに広くてきれいで、
なんか楽しいの。

あ、
でも今回は、
お弁当の写真しかないんだけど。
もう何度も行ってるので。
ははは・・・。

崎陽軒目当てに寄りました。
炒飯弁当を買って帰って、
ナイター中継観ながら食べようね、
ってことで。

埼玉のサービスエリアなのに、
横浜の崎陽軒が入ってるってことが、
ちょっと嬉しい。
だって、
炒飯弁当が大好きなんだもん!!



崎陽軒と言えば焼売ですが、
焼売弁当だと焼売ばっかでしょう。

崎陽軒の炒飯は美味しいし、
焼売だって3つも入ってるし、
私は絶対に炒飯弁当。



パサール三芳、
群馬や埼玉の食材を売るショップもあって、
袋のホルモンも買って帰りました。
味噌と塩ダレ、
どちらも美味しかった。

その写真もないんだけど。

いや、
日々の生活で、
ブログだのSNSだののネタばかり、
探してるわけじゃないからさあ・・・。




#崎陽軒 #駅弁 #炒飯 #炒飯弁当 #お弁当 #崎陽軒弁当ラーメン #味玉
(C)世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない
  

2018年05月28日

行列が出来るラーメン屋さんだけど・・・

私には珍しく、
ラーメン屋さんとか行きました。

いやあ、
歳のせいか、
ラーメンって物に惹かれなくなってねえ。

でも、
高崎に帰った時、
お昼を食べようかと思ったら、
行列の出来る有名店のたまたま近くにいたので。
夫も絶賛のお店ですし、
1度は行ってみようかと。

支那そばなかじまさん。
ウニクス高崎の目の前です。

ワンタンそばが人気らしいけど、
数量限定の角煮ご飯も絶品だと夫が推すので、
両方頼む。



ワンタンそばの塩。
重たくないので、
ラーメンを避けてた私にも、
美味しくいただけました。
麺の量は多い印象で、
猫舌の私がもたもた食べていたら、
伸びちゃったのか、
いつまでも麺が減らなかったけど。
いや、
もたもたと言っても、
脇目もふらず食べてたんですよ。
ここ、
後のエピソードにも関わる重要なこと(笑)。



何よりワンタンですよ、
たっぷり入ってる。
小籠包みたいで美味しい。

そして、
人気の角煮ご飯ですが、
これも美味しかった。
美味しかったけど・・・。



ご飯の量に比べ、
小さい角煮が2個だけだし、
かけられた汁も少なくて、
ご飯が余る感じに。
夫の方は、
大きな角煮が載ってて、
汁も充分かかっていたと言う。
盛る担当のお姉さんの匙加減なのね。

そのお姉さん、
始終不機嫌そうにしてて、
カウンター越しにいるから、
食事も不味くなるというもの。

お会計の時も、
小銭を出そうと手間取っていたら、
あからさまに台をトントンと叩く。
さっさと会計して次の客と入れ替えたいんだろうし、
そもそも猫舌だから食べるのが遅かったし、
早くしろよって気持ちは解るけどさ、
客に対してそんな態度する?

美味しいお店でも、
そういうスタッフがいる所は、
また行きたいと思わない。

だから二度と行かない。
二度と行かないから、
正直名前も忘れちゃった。
(序盤に書く時は調べたのよ。)

どうせラーメンは特に食べたくないし、
豚の角煮も、
同じような美味しいのがスーパーで売ってたし。
惜しくないっつーか。




#ラーメン #ラーメン店 #ラーメン屋 #支那そば #中華そば #ワンタン麺 #ワンタンメン #ワンタンそば #角煮ご飯 #豚角煮 #角煮飯
(C)世界でいちばん深い海にはまだ誰も潜ったことがない